首都圏の新築マンション情報

東京を中心に首都圏の新築マンションを消費者の視点から徹底検証。元住宅サイトライターがモデルルームをチェックするポイントを紹介します。マンションの掲示板・評判・口コミもチェック!

検証!クレッセント横浜シーサイド

      モリモト, 横浜市金沢区

デザイナーズマンションを手がけるモリモトが、横浜シーサイドマリーナから程近い立地にクレッセント横浜シーサイドをリリースします。クレッセントシリーズと言えば、モリモトのデザイナーズブランドの走り。それでは、クレッセント横浜シーサイドをチェックしてみましょう。

>>  最新価格・中古価格をチェック! <<

◎デザイン性

モリモトと言えばデザイン性にこだわったマンション作りを進めていることで知られています。

クレッセント横浜シーサイドでは外観と共用部分にデザイナーを起用。建物の外観は、ホワイトをベースカラーに、質感のある有孔ブロック、ガラスや金属素材を組み合わせて洗練された都会的なイメージを演出しています。また、ラウンジやエントランスホールには、壁面をガラスやボーダータイルで構成し、足元を間接照明で照らす計画がなされているようです。

>>  最新価格・中古価格をチェック! <<

各部屋は南向き中心で、天井高を最大2.7mを確保。さらに、アウトフレーム工法を採用し、角の無駄なスペースを省いていてることから、明るく開放的な空間演出がなされています。

ところが、実際に住んでみると、思っていたよりも雑然としてしまいがちです。しかし、クレッセント横浜シーサイドでは、収納スペース(ウォークインクローゼットなど)が充実しており、すっきりとしたインテリアに仕上げることもできるのではないでしょうか?

>>  最新価格・中古価格をチェック! <<

◎立地

クレッセント横浜シーサイドの立地は横浜シーサイドマリーナの西数百メートルに位置しています。Franc Franc Bazarも入っていて、アウトレットセールなども行われるショップス&レストランツもすぐそばです。

最寄の「鳥浜駅」からは八景島シーパラダイスにもアクセスが可能で、横浜の魅力を味わうには絶好と言えるでしょう。

ただ、クレッセント横浜シーサイドの用途地域は「地域地区 工業地域・第5種高度地区」に当たるため、周囲には工業施設が立ち並んでいます。敷地の西側には富士木材の横浜工場、東洋冷蔵横浜チルド工場が接しています。

建物の南側は空き地になっていますが、将来的にどのような建物が建設されるか予想しづらいのも懸念点です。一度、周囲の立地の用途地域を確認し、どのような建物が建てられるかをある程度想定しておく方が良いかもしれません。

追記:南側の空き地になっている部分は生活環境の保全が優先される「第一種住居地域」でした。

>>  最新価格・中古価格をチェック! <<

クレッセント横浜シーサイド

神奈川県横浜市金沢区富岡東2丁目2555-41(地名地番)
金沢シーサイドライン「鳥浜駅」より徒歩4分、磯子駅前・新杉田駅前よりバス利用可 「木材港入口」下車徒歩3分

地域地区 工業地域・第5種高度地区

総戸数 125戸(他に管理員室1戸)
販売戸数 未定
構造・規模 鉄筋コンクリート造地上6階建

間取り 2LDK+S~4LDK

完成予定 平成20年2月下旬
引渡予定 平成20年3月下旬

売主 株式会社モリモト

>>  最新価格・中古価格をチェック! <<

【PR】スポンサードリンク

 - , , ,