首都圏の新築マンション情報

東京を中心に首都圏の新築マンションを消費者の視点から徹底検証。元住宅サイトライターがモデルルームをチェックするポイントを紹介します。マンションの掲示板・評判・口コミもチェック!

Beacon Tower Residenceが東雲に誕生

UR都市機構(旧公団)の再開発プロジェクト「東雲」エリアにBeacon Tower Residenceが登場します。デザイナーズ賃貸マンション「CODAN」の目の前、総戸数440、地上41階建てという超大規模プロジェクト。Beacon Tower Residenceは中堅デベ5社の共同事業、その成果はいかに?

>>  最新価格・中古価格をチェック! <<

◎まだまだこれからに期待の街
りんかい線東雲駅」から歩いて10分ほど。旧公団のUR都市機構が手がけた「CODAN」が見えてきます。隈研吾など著名デザイナーが参加したことでも知られ、入居者が殺到したことも記憶に新しいところ。

家賃15万円前後のプランが中心で、情報感度の高いDINKSやSOHOなどから注目を集めていました。

Beacon Tower Residenceは、その再開発エリアに建設される注目のプロジェクトです。華やかな豊洲に比べると地味ではありますが、一つの街としての活気を帯びつつあるようです。

イオンショッピングセンターもある他、保育園や学童クラブなどの施設も整備されています。

>>  最新価格・中古価格をチェック! <<

◎中堅デベロッパー5社の共同事業
Beacon Tower Residence有楽土地名鉄不動産モリモトニチモ長谷工コーポレーションの共同事業です。

共同事業というと、三井、三菱、住友などの大手デベロッパーが中心となって、そこに中堅デベが参加する形式が多いのですが、Beacon Tower Residenceは全て中堅どころが結集しているレアなケース。

ちなみに、施工を手がける大成建設は有楽土地の親会社です。

複数のデベロッパーの共同事業は一般的に「ジョイントベンチャー」通称「JV(ジェイブイ)」と呼ばれます。

なぜJV方式を選ぶのか?
それは、大規模物件の建設に伴うリスクを分散するため。
通常マンションを建設するには土地の取得、施工、宣伝などに莫大な費用がかかります。これだけ大きなプロジェクトだと、企画から販売までに数年かかります。つまり、最初に資金を投入して、実際にお客さんからお金を回収するまで、お金が出る一方。それを1社ですべて負担するのはなかなか難しい…

そこで、その費用を分散して1社にかける負担を分散することで、ニーズにあったマンションを確実に提供することができるというわけ。Beacon Tower Residenceは、41階建てという大規模プロジェクトなので、JV方式を採用しているということですね。

>>  最新価格・中古価格をチェック! <<

◎価格は70m2台で4700万円台~
都心部から外れていることもあり、価格は坪単価200万円前後からといったところでしょうか。90m2台では6000万円近く~ということです。

間取りを見る限りではウォークインクローゼットも備わっている部屋も多いようで、収納の意識は高いようです。

現段階では、詳細な仕様は明らかになっていませんが、高層マンションということで、火災のリスクの少ないオール電化、積層ゴム支承+弾性すべり支承の2つの免震装置を組み合わせた免震構造「ハイブリッドTASS構法」を採用しているようです。

中堅デベロッパー5社の共同事業だけに、どれだけの仕様を備えてくるかにも注目したいところですね。

>>  最新価格・中古価格をチェック! <<

Beacon Tower Residence

東京都江東区東雲一丁目1番21(地番)
東京メトロ有楽町線豊洲駅」徒歩12分
東京メトロ有楽町線辰巳駅」徒歩9分
りんかい線東雲駅」徒歩13分

用途地域 第二種住居地域
総戸数 440戸

構造・規模 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造・地下1階地上41階建
専有面積 54.72m2~140.97m2

竣工時期 平成21年1月下旬予定
入居時期 平成21年3月下旬予定

売主 有楽土地 名鉄不動産 モリモト ニチモ 長谷工コーポレーション

>>  最新価格・中古価格をチェック! <<

【PR】スポンサードリンク

 - , , , , , , , , , , , , , ,