首都圏の新築マンション情報

東京を中心に首都圏の新築マンションを消費者の視点から徹底検証。元住宅サイトライターがモデルルームをチェックするポイントを紹介します。マンションの掲示板・評判・口コミもチェック!

タグ:神奈川県 のマンション一覧

シエリア湘南辻堂

シエリア湘南辻堂が辻堂駅徒歩4分の立地に誕生

かつては工場地帯だった辻堂駅周辺エリアも、再開発により大きく様変わりしました。その辻堂駅から徒歩4分の立地にシエリア湘南辻堂が建設中です。総戸数352戸というスケールメリットを活かした充実した共用施設と、テラスモール湘南からほど近い立地という魅力で注目を集めています。

ザ・パークハウス戸塚フロント

ザ・パークハウス戸塚フロントの周辺環境をレビュー

  2016/10/14    三菱地所, 横浜市戸塚区

総戸数106戸、三菱地所のザ・パークハウス戸塚フロントが戸塚駅から徒歩3分の立地に建設中です。戸塚駅西口を出てトツカーナの中をくぐり抜けた先にある、ペデストリアンデッキを降りたらバスセンター前の信号を渡ってすぐの立地です。ザ・パークハウス戸塚フロントは旧バスセンターの跡地に位置しています。坪単価300万超えとの予測もなされていますが、利便性の高いエリアだけにその価格にも注目です。

ザ・パークハウス鎌倉大船

ザ・パークハウス鎌倉大船が間もなく完成

  2016/10/12    三菱地所, 鎌倉市

大船駅から徒歩6分。東口からまっすぐ伸びる通称「芸術館通り」にザ・パークハウス鎌倉大船が建設中です。もうすでに販売も最終段階に入ってます。間もなく完売→終了となりそう。当初予定の入居時期も近づいてきました。それにしても、このところ大船周辺の新築分譲価格の高騰が止まりません。最終の2戸も坪単価が約286万円と293万円と高値になっています。

ザ・パークハウス鎌倉岩瀬(予想)

ザ・パークハウス鎌倉岩瀬(総戸数409戸)が資生堂工場跡地に誕生!?

  2016/10/10    三菱地所, 鎌倉市

鎌倉市と横浜市の境界に位置していた資生堂鎌倉工場の跡地に地上7階、総戸数409戸のザ・パークハウス鎌倉岩瀬(予想)が建設されることが分かりました。敷地総面積は26000平米で、マンション、福祉施設、提供公園、鎌倉市に寄進される事務所用地から構成されます。ザ・パークハウス鎌倉岩瀬(予想)は、上野東京ライン・湘南新宿ライン・京浜東北線・成田エキスプレスなどが乗り入れる大船駅笠間口から徒歩約8分。駅周辺再開発も予定されている注目のエリアです。

シティタワー武蔵小杉

シティタワー武蔵小杉 気になる価格帯は?

住友不動産のシティタワー武蔵小杉も今回の販売で4期目をむかえました。グランツリーの目の前で、横須賀線・東急東横線の駅の両方面へのアクセスも良いこともあり、今回もかなり売れるんでしょうね。すでに各方面で価格表も公開されていますが、坪単価は400万円超えと話題です。70平米台が8000万円代後半〜という価格帯になっています。

パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト

パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト 双子のタワーがいよいよ始動

南武線「武蔵小杉駅」北口から徒歩5分ほど、小杉二丁目計画が本格的に動き出しています。パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイーストは、イーストとウェストの二本立てのタワーで三井不動産とJX日鉱日石不動産によるJV物件になります。パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイーストを手始めに、北口開発もいよいよ加速していくことになります。

ブルーハーバータワーみなとみらい

ブルーハーバータワーみなとみらい ひらけた眺望に期待

みなとみらい地区59街区にショッピング施設・ホテル・マンションからなるブルーハーバータワーみなとみらいが建設中です。地上27階建て、総戸数355戸という規模になります。西側は(いまのところ)視界が開けているため、低層階でもそれなりの眺望があるのは大きなメリットです。ただし、駅から多少離れており、それがが価格にどう反映されるかが注目されていました。

ブランズタワーみなとみらい

ブランズタワーみなとみらい 駅徒歩2分の好立地

みなとみらい駅から徒歩2分の立地にブランズタワーみなとみらいの建設が始まりました。ブランズタワーみなとみらいは、パシフィコ横浜の真向かい、クイーンズスクエアに隣接した場所になります。マークイズなども近いですが、隣に商業施設も合わせて建設される予定です。マンションコミュニティの価格表スレッドによると、販売予定価格は坪単価443万円也。みなとみらい最後のタワーマンションという触れ込みですが、今回は近隣画像を公開します。

オハナ淵野辺ガーデニア

オハナ淵野辺ガーデニア 子育て世代に嬉しい施設が充実

なんだかんだで早期完売が続く野村不動産のオハナシリーズ。今回は横浜線「淵野辺駅」「矢部駅」徒歩10分の立地にオハナ淵野辺ガーデニアを投入してきました。総戸数516戸(第1工区・第2工区合計)の大規模マンションです。オハナ淵野辺ガーデニア坪単価は120万円〜160万円ほど。今回は子育て利便設備のメリットと、大規模ならではの今度の課題についてまとめてみました。

パークタワー新川崎

パークタワー新川崎 第2期 販売価格発表!

新川崎駅 徒歩3分の立地に建設中のパークタワー新川崎。第2期販売がいよいよ開始です。45.21平米?86.99平米で3428万円?7238万円、坪単価は約250万?270万ほどとなっています。今回、第2期販売開始に合わせて、三井不動産が発表したのがTSU-GU-IE〈ツグイエ〉というコンセプト。マンションで2世帯を実現するものということですが…