首都圏の新築マンション情報

東京を中心に首都圏の新築マンションを消費者の視点から徹底検証。元住宅サイトライターがモデルルームをチェックするポイントを紹介します。マンションの掲示板・評判・口コミもチェック!

タグ:横浜市 のマンション一覧

ザ・パークハウス戸塚フロント

ザ・パークハウス戸塚フロントの周辺環境をレビュー

  2016/10/14    三菱地所, 横浜市戸塚区

総戸数106戸、三菱地所のザ・パークハウス戸塚フロントが戸塚駅から徒歩3分の立地に建設中です。戸塚駅西口を出てトツカーナの中をくぐり抜けた先にある、ペデストリアンデッキを降りたらバスセンター前の信号を渡ってすぐの立地です。ザ・パークハウス戸塚フロントは旧バスセンターの跡地に位置しています。坪単価300万超えとの予測もなされていますが、利便性の高いエリアだけにその価格にも注目です。

ブルーハーバータワーみなとみらい

ブルーハーバータワーみなとみらい ひらけた眺望に期待

みなとみらい地区59街区にショッピング施設・ホテル・マンションからなるブルーハーバータワーみなとみらいが建設中です。地上27階建て、総戸数355戸という規模になります。西側は(いまのところ)視界が開けているため、低層階でもそれなりの眺望があるのは大きなメリットです。ただし、駅から多少離れており、それがが価格にどう反映されるかが注目されていました。

ブランズタワーみなとみらい

ブランズタワーみなとみらい 駅徒歩2分の好立地

みなとみらい駅から徒歩2分の立地にブランズタワーみなとみらいの建設が始まりました。ブランズタワーみなとみらいは、パシフィコ横浜の真向かい、クイーンズスクエアに隣接した場所になります。マークイズなども近いですが、隣に商業施設も合わせて建設される予定です。マンションコミュニティの価格表スレッドによると、販売予定価格は坪単価443万円也。みなとみらい最後のタワーマンションという触れ込みですが、今回は近隣画像を公開します。

ル・サンク戸塚ブランシエラ

ル・サンク戸塚ブランシエラってどう?

資生堂戸塚花椿寮の跡地に総戸数91戸のル・サンク戸塚ブランシエラが建設中です。国道1号線沿いにですか、再開発が進む戸塚駅から徒歩圏内ということで生活する上での利便性は高いといえるでしょう。

シティテラス横浜仲町台壱番館

シティテラス横浜仲町台壱番館 周辺地域の変遷

  2012/02/04    住友不動産, 横浜市都筑区

シティテラス横浜仲町台壱番館は横浜市ブルーライン「仲町台駅」から徒歩8分の立地に建設中の、総戸数245戸のプロジェクトです。平成20年度に横浜市グリーンラインが開通し、東京都心方面へのアクセスも改善が図られました。仲町台駅周辺は、都筑区をメインとした港北ニュータウンの中心地。シティテラス横浜仲町台壱番館周辺は公園や緑も多いのが特徴ですが、かつての変遷を2枚の写真で見比べて見ました。

パークホームズ東戸塚

パークホームズ東戸塚は駅徒歩8分の高台に誕生

  2012/01/21    三井不動産, 横浜市戸塚区

横須賀線東戸塚駅から徒歩8分の立地にパークホームズ東戸塚が誕生します。西武、ダイエー、オーロラモールなどのショッピング施設が入るオーロラシティからほど近い立地で、東口を降りて線路に沿った形で南側へと緩い坂道を登り切った地点にパークホームズ東戸塚は位置します。2012年1月に第1期の販売が開始しますが、価格帯はどのくらいになるのか注目です。

レーベンリヴァーレ横濱鶴ヶ峰ヒルズ

レーベンリヴァーレ横濱鶴ヶ峰は本格的「創エネ」マンションだ!

レーベンリヴァーレ横濱鶴ヶ峰ヒルズは東日本大震災以降に関心が高まっている節電・省エネに配慮した新世代マンションとして注目を集めています。太陽光パネルを設置して、自らエネルギーを生み出す「創エネ」マンションが新たなトレンドとして登場していますが、レーベンリヴァーレ横濱鶴ヶ峰ヒルズは余剰電力の売電を可能にするなど、本格的な「創エネ」を実現しています。

横浜ザ・ピーク(横浜プリンスホテル跡地プロジェクト)

横浜ザ・ピークは近年でも稀な巨大プロジェクトに

2006年に閉館した横浜プリンスホテルの跡地に横浜ザ・ピーク(横浜プリンスホテル跡地プロジェクト)が進行中です。磯子駅から徒歩4分の高台に位置し、このエリアのランドマーク的存在だった旧プリンスホテルの佇まいを継承するデザインになっているようです。横浜ザ・ピーク(横浜プリンスホテル跡地プロジェクト)は総戸数1230戸の巨大マンションです。メインのI棟・J棟からは眺望も楽しめそう。今後の詳細発表が待たれます。

パークホームズ大倉山

パークホームズ大倉山の評判は?

  2011/10/07    三井不動産, 横浜市港北区

東急東横線「大倉山駅」徒歩6分の立地にパークホームズ大倉山が誕生します。三井不動産が手がける総戸数177戸のマンションで、旧東芝社員寮の跡地です。IHクッキングヒーター・エコキュートが標準装備、「環境にやさしい住居」を謳っています。パークホームズ大倉山の利便性にも注目が集まっていますが、ライバル物件の誕生の噂もあり今後の動向に注目です。

横濱紅葉坂レジデンス

横濱紅葉坂レジデンスは充実の共用施設が決め手

桜木町駅にほど近い紅葉坂に横濱紅葉坂レジデンスが誕生します。旧公団UR花咲団地の建替事業で、総戸数368戸の大規模マンションに生まれ変わる予定だとか。横濱紅葉坂レジデンスの魅力は、スケールメリットを活かした充実の共用施設。みなとみらい地区や横浜駅にもアクセスがよく、生活利便性が高いのも特徴です。