首都圏の新築マンション情報

東京を中心に首都圏の新築マンションを消費者の視点から徹底検証。元住宅サイトライターがモデルルームをチェックするポイントを紹介します。マンションの掲示板・評判・口コミもチェック!

官民連携 ひばりが丘フィールズが発売

ひばりが丘団地で進められている再開発で、大和ハウス工業コスモスイニシアオリックス不動産によるひばりが丘フィールズの概要が発表されました。総戸数144戸で、2014年6月にも販売が開始される予定です。駅徒歩18分という立地のため通勤のお父さんは若干厳しいかもしれませんが、緑の多い子育て環境やイオンモール東久留米に近い利便性など、周辺で生活する上では便利な立地です。

>>  最新の価格・販売状況をチェック! <<

ひばりが丘団地は1959年、中島航空金属(現富士重工・スバル自動車の前身)跡地に都内で初めての大規模団地として誕生したものです。武蔵野の公団仕様の間取りは、当時としては「モダン」な作りで高度成長期のあこがれの対象に。

それから、50年以上が経過し、かつての建物は取り壊され、マンションや戸建てが大規模に分譲されることになりました。

現在は、A街区・D街区・E街区・G街区・H街区と区分けされて、エリアごとに個別に分譲が進められる予定となっています。本物件はA街区に位置するもので、総戸数は144戸、デベロッパー3社の共同事業になります。

仕様や価格などの多くは未定ですが、1階部分にコンビニエンスストアが併設されるとのことです。

ひばりが丘フィールズは駅徒歩18分ということで、駅へのアクセスを中心に考えるとちょっと大変ではあります。

しかしながら、西友やコープなどのスーパーが近いのに加えて、2013年春にイオンモール東久留米がオープン。日常の買い物は便利になりました。また、周囲には緑も多く、子育てをする環境は良いですね。(ただし、駅までの道を見ると、歩道が整備されていない狭い道も多く、ベビーカーを利用して行くには少し大変だなと思う部分もあります)

URと民間の連携事業ということもあり、今後の開発形態の一つのあり方を占う事例として注目していきたいと思っています。
価格や仕様などの情報が固まり次第、追加の情報を掲載していきたいと思います。

>>  最新の価格・販売状況をチェック! <<

ひばりが丘フィールズ

東京都東久留米市ひばりが丘団地49-186他
西武池袋線「ひばりケ丘駅」徒歩18分、西武池袋線「ひばりケ丘」駅バス約6分、南沢バス停より徒歩1分

総戸数 144戸 他店舗1戸、管理室1戸
構造・規模 鉄筋コンクリート 地上11階
専有面積 68.57m2?89.71m2

完成予定 平成27年2月下旬
入居予定 平成27年3月下旬

売主 大和ハウス工業コスモスイニシアオリックス不動産

>>  最新の価格・販売状況をチェック! <<

【PR】スポンサードリンク

 - , , , , , ,